マエティニュース

調剤薬局・ドラッグストア・漢方薬局を渡り歩いている薬剤師のブログ! 気になるニュース、健康、映画、温泉、過去、思った事、いろいろ書きます!

ほんとにあった怖い話 2019年秋 の感想 たーくんは悪くありません


たーくんがトレンド入りしてますね(笑)

ほんとにあった怖い話 2019年秋 の感想 たーくんは悪くありません 

1.「赤い執着」

 

出演:中条あやみ

ストーリー
主人公は、事故で両親をなくし、幼い妹と生活していたが、ある日、団地の下をのぞくと、全身赤い服の女が見上げている。気にしていなかったが、その全身赤い服の女が現れ続ける事で気味が悪くなっていた。

www.instagram.com

職場の居酒屋の男性客からのアドバイスで塩で対処したら、赤い女はでなくなった・・と思っていたが、ある日、団地の廊下に赤い女が現れて消えた。そして、赤い女の事が頭から離れなくなっていた。仕事も忙しく、妹にかまってあげられず、関係が悪化していた。

www.instagram.com

 

ある時、居酒屋の男性客から、お清めの塩が入ったお守りをもらう。
その男性の家系は神主の家系で、霊感があり、主人公の異変に気付いていた。
その赤い女が現れたら、そのお守りを離さないように。決して目を合わせてはいけない。とアドバイス。もしかしたら、家族にも悪影響を及ぼすかもしれないとのこと。

 

そして、ある日、エレベーターが違う階で止まり、ドアが勝手に開き、閉まらない。階段で自分の部屋の階まで、急いで降りて行くが、降りた所で赤い女を会い・・・赤い女の霊に肩をつかまれる!お守りを握りしめるが、顔をのぞきこまれる!

www.instagram.com

来ないで!とさけぶと、いなくなった・・。


お守りは裂けて、赤く染まっていた。その後、赤い女の霊は出なくなった。

 

が・・今度は妹が・・赤い服の女の霊を・・

 

☆心霊研究家 下ヨシ子先生の見解

成仏していない母親の霊に、くっついてきた自殺した霊 との見解。

 

☆稲垣吾郎の感想

寂しい、色のない部屋だから、ああゆう全身赤い女と一緒に暮らしてもよい。

一同、驚愕(笑)

www.instagram.com

☆僕の感想

主人公の妹とのやり取りが切ない。

「お姉ちゃんは、本当は私のことなんて、どうでもいいんでしょ。私が邪魔なんでしょ。」これは、言われるとつらいなあ。怖いと言うより辛い話。これ。

しかも、解決してない話・・。

 

2. 誰にも言えない

 

出演:鈴木保奈美 

ストーリー
主人公は小学校の教師。新しく赴任した少学校で、新学期が始まってまもない頃の話。昔から、不思議な事が起こる教室があった。
花瓶が突然われる・・物が倒れる・・等

 

霊の見える生徒、佐藤君が主人公に・・

 

「先生も見えてるんでしょ・・」


主人公は分からないふりをする。

 

「先生、分からないなあ・・」


佐藤君は父の仕事の都合で転校して行った。

 

立場上、子供達には言えない・・。

 

不思議な現象の原因は主人公には分かっている・・。


主人公が小学生の時からずっと・・見えてるものは・・


教室の窓の外・・校舎の屋上から、落ちてくる・・生首

 

☆僕の感想

この話、短!鈴木保奈美、もっと眺めていたかったのに!すぐ終わってもた。

何が怖いって、小学生の頃からずっと、生首見てるのに、慣れてしまって、平然としている主人公!心霊現象って、慣れるものなんですね。

www.instagram.com

 

3.肩の女


出演:佐々木蔵之介

ストーリー 
ラーメン屋を開いたが、客が全く来ない。その原因は薄々気づいていた。
主人公は、バイトくんの肩に女の霊がいるのが見えている。

 

その霊は、下半身と上半身に分かれており、上半身はバイトくんの肩に、下半身は店内に存在していて、バイトくんを辞めさせれば解決するのだが、彼は良いところもあり、辞めさせられないでいた。

 

何か良い方法はないか調べたところ、塩をバイトくんに振り掛ける事にした。

 

塩をフライパンであぶり、バイトくんの肩にいる女(上半身)と店の中の女(下半身)に塩を振りかけた!(バイトくんには何も説明せずに(笑))


その日、突然、客が嘘のように来るようになった!

やはり、ラーメン屋に客が寄り付かないのは、霊が原因だったのだ!

と解決したと思っていたのだが、その日の深夜、主人公が寝ていたら、部屋に、その霊(下半身)が現れた・・。疲れているのだと思っていたが、朝起きて、鏡を見ると、自分の肩に、上半身の霊がとりついていた

www.instagram.com

自分に塩をふりかけても、バイトくんのように祓う事ができず、あせった主人公は、その日は営業を休むことに。

 

家で、さらにお祓い方法を調べる。
いろいろとアレンジを加えた塩で、試してみると、自分に取りついた霊を祓う事ができた!!そして、ラーメン屋も軌道にのりはじめたのだが・・・・

www.instagram.com

ある日、主人公が寝ている時、以前のように、部屋に下半身の女が現れる。
塩をつかんで対抗しようした矢先、足の方から上半身の女が現れる。
塩をかけるが・・

 

翌日・・自分には、女の霊は取りついていない。

www.instagram.com

しかし、バイトくんが肩を重そうにしている。おそらく取りついている。

バイトくんに塩をかけるのは、もうしなかった。すると・・

 

ラーメン屋は、また、客足が遠のいてしまった・・・

 

元に戻っただけだった。

 

☆心霊研究家 下ヨシ子先生の見解

 

沼地あたりで、事故の衝撃で真っ二つになったのではないか。祓うのは逆効果。寺社仏閣で供養すべし。

 

☆僕の感想

何も説明せずに、バイトくんに真正面から塩を投げつけるところがすごい。

あんなことされても、何も説明してもらってないバイトくんが、バイト辞めないのが怖い。


4.机と海 

www.instagram.com

出演:松本穂香

ストーリー
念願の一人暮らし。主人公は、リサイクルショップで家具を揃えていた。
そして、を、一目ぼれで買った・・。

一人暮らしに慣れてきていたが、結婚式の仕事で忙しく過ごしていた。

 

ある日の夜、金縛りになり、部屋から変な音がする。ギリギリ・・ギリギリ・・

 

翌日、仕事から帰ってくると、朝、机の引き出しを閉めていたのに、開いていた。それから、たて続けに不幸が起きるようになる。

 

父が突然、体調不良で病院に。原因不明。
弟もバイト中に事故。足を怪我。
主人公も高熱で仕事を休む。

 

友人が事故物件ではないか?と勘繰る。
友人は、実は、以前泊まったとき、夜中に変な物音を聞いたと・・。


その夜の事、寝ていたら、変な音がしたと思ったら、何者かに足をつかまれる!
手がどんどん上がってくる・・!

 

朝起きたら、体に手形が残っており、机の引き出しが開いていた。

 

友人に相談しながら、外を歩いていると、上から工事用の金属の物体が落ちてくる。間一髪でよけるが・・

 

結局、友人の知り合いの霊能者に相談することに。

霊能者から、最近、机を買っていないか?と指摘される。

 

霊能者からのアドバイスは、

今夜、午前3時に九十九里浜で机を焼く事。

1秒でも遅れると、霊能者でも手に負えなくなる。

そして、最も大事な事は・・・


主人公は、深夜に軽トラで机を運び、九十久里浜に向かった。
午前3時のタイミングで机を燃やすと、後ろから声をかけられる。女の声・・。


「すみません、財布落としてますよ・・ねえねえ・・ねえねえ・・」


主人公は無視する。


霊能者からの最後のアドバイスは・・

「机を燃やしている間に、もし、後ろから声をかけられても、絶対振り向いてはいけない」


主人公は、財布と言われて、振り向くかどうか迷うが、自分の足音は聞こえるのに、後ろの女性の足音が聞こえないことに気が付く。やはり、人間ではない・・

 

机が燃え尽きた頃、女性の声が消える。後ろには誰もいない。
もし、振り返っていたら、どうなっていたのか・・?

 

☆僕の感想

アンティークなものは、たまにやばいのが混ざってる系の話でしたね。

どうして海辺で燃やさないといけなかったのか?どうゆう因縁のある机だったのか、その説明が一切なかったのが残念。霊能者に相談したんだから、その辺、説明して欲しかった。

www.instagram.com


5.汲怨のまなざし

 

出演:佐藤健

ストーリー
主人公は、結婚し子供も生まれ、幸せな日を送っていた。


げんこつ山を歌う子供とバス停に並んでいると、白い服の裸足の女が近づいてくる。異様な気配を感じた主人公は、振り向くが、何も見えなかった。

www.instagram.com


仕事帰り、自動販売機の横で座り込んだ、具合の悪そうな白い服の女を見かける。

 

「大丈夫ですか?」と問いかけるが、無反応・・。帰ろうとすると・・。

 

「げんこつ山のたぬきさん、おっぱい飲んでねんねして・・」


歌いながら近づいてくる・・。恐怖のあまり、走って帰ってきた。

 

翌朝、バスに子供と乗っていると、バスの前の方に白い服の女が・・。途中でおりたが、ストーカーではないか?と疑う。

www.instagram.com

その夜、寝ていたら、子供が泣き出したため、妻が子供のもとに行く。

子供は泣き止み、ベッドに人の気配が戻った。妻が戻ってきたのだ。

 

しかし、目をあけると、そこには妻は立っている・・。

 

ベッドの隣には、確かに人の気配がしている・・・

 

後ろを振り返ると、白い服の女が!!

飛び起きると消えた。

 

それから、しばらくして、仕事場に、どうしても主人公に会いたいと言う、変わったお客さんが来る。真鍋という女性だった。


かつて専門学校で一緒だった、いつも地味で目立たない真鍋という女性がいた。
お客さんとして来たのは、専門学校で一緒だった真鍋という女性の妹だった。

 

当時、真鍋(姉)は主人公に思いをよせていた。

 

妹によると、姉は、すでに病気で亡くなっており、思い込みの激しい人だったとのこと。遺品として、姉の日記が残っており、妹は、その日記を読み、主人公の存在を知ったようだ。

 

主人公は、その日記を読みたいと言うが、妹は何故か、しぶる。

 

だが、主人公は日記を借りて読むことに。

 

その日記の内容は、真鍋(姉)が、主人公と結婚し、子供がいて、幸せに暮らしている設定で書かれていたのだ・・。まさに妄想の世界・・。


あるページには、たーくん たーくん たーくん・・・と大量に書かれていた。(たーくん=主人公の愛称)

 

妻にも、すべてを明かした。

「あなた、何かしたんじゃないの?」

 

 

しばらくして、家族で買い物に行った。

主人公がゲームセンターで両替するため、一瞬、子供の目を離した、その瞬間!妻が子供がいない事に気づく!

 

主人公が目を離した、そのすきに、白い服の女が、子供の近くに現れていたのだ!


白い服の女は、子供を連れ去る・・・

 

白い服の女は、子供を、電車がくる踏切内に誘導する・・

 

電車がやってくる・・・


妻の直感で、踏切のある場所へ連れていかれたと分かり、追いかけ、間一髪で、子供を助けた。

 

妻が、主人公を咎める。

「あなた、何をしたの!!」

 

かつて、主人公は、何か、白い服の女 真鍋さん姉に、これほど恨まれることを
したのだろうか?主人公は思い当たることがない・・。

 

解決をはかろうと、神社へ行くと、白い服の女が現れる。
白い服の女は、主人公の腕をつかんだ。すると彼女の記憶が流れ込んできた。

 

かつて、夏に専門学校の仲間と、花火をして遊んでいた。

一人で線香花火をしようとした真鍋(姉)。

主人公は、真鍋(姉)に近づき、火をつけられるように、親切にしてあげた。それだけ・・

 

真鍋(姉)は嬉しかった。

 

彼女は、主人公のことを恨んでいたのではなく、主人公との幸せを一心に願っていた
だけだった。

 

「完全に忘れていたのに、ずっと覚えていてくれて、ありがとう。」

 

そう語りかけると、彼女は成仏した。

 

www.instagram.com

 ☆僕の感想

たーくん、何も悪くないし・・。

 自分の子供を殺されかけたのに、ありがとうって、よく言えたなあ。

良い話だった系で終わる話では、ないと思うが・・。

しかし、子供を連れ去る事ができる霊って怖!

半分、実体化してた感じだったから、怨念がすごかったんやろなあ。

 

6.SNSの反応

 7.まとめ

たーくんが、トレンド入りしてましたね(笑)。

ツイッターも、たーくんの感想が多かったです。

 

中条あやみさん、可愛かった。

www.instagram.com

 

いつも夏の暑いときに放送するのに、今年はハロウィンを意識したのかな?

今後、怖い話は、夏と秋にする文化になるかもしれないですね。

 

もっと、心霊研究家の方の見解を入れてほしいなあ。稲垣吾郎くんや、小学生のコメントとか少なすぎ。

 

でも、毎年見てしまうけどね。

 

また来年も、楽しみしています!

 

まだ、怖い話の余韻に浸りたい人は!(笑)↓

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:っ°ө°c