マエティニュース

調剤薬局・ドラッグストア・漢方薬局を渡り歩いている薬剤師のブログ! 気になるニュース、健康、映画、温泉、過去、思った事、いろいろ書きます!

新型コロナVS人類 現在の戦況!新型コロナとの戦いは新たな局面へ!


新型コロナVS人類 現在の戦況!新型コロナとの戦いは新たな局面へ!

新型コロナウィルスVS人類の戦いの現時点での戦況を、まとめてみました。

 

f:id:myself-shizen100:20200223005314p:plain

いらすとや 新型コロナVS人類 戦いは新たな局面へ!

1.ウィルスとの攻防 

エボラ出血熱、テング熱、HIV、SARS、インフルエンザ等、人類はウィルスとの攻防を、ひたすら続けています。永遠に続くかもしれません。人類に牙を向く病原性のウィルスに対して、どうすれば人類の勝利と言えるのでしょう?定義は難しいですね。地球上から駆逐してしまえるわけでもないでしょうし。

 

人類から見て、ウィルスをコントロールできているか、できていないか?で考えてみます。(難しい学術的な話は、専門家にお譲りします)

 

例えば

①エボラ出血熱

形態がコロコロ変わる性質も持ち、薬の開発が難しかったのですが、近年、比較的治療効果の高い薬が開発されたようです。完全なコントロールには至っていませんが、戦況はよくなりつつあるようです。

 

②HIV

免疫細胞を宿主としてしまうので、ワクチンを作れません。ただ、エイズの発症を抑える薬は開発済みです。早期発見すれば、一生治療薬を飲み続ける必要がありますが、発症は抑えられます。体からウィルスを無くす事はできないので、不治の病であることは変わりないです。

 

③インフルエンザ

毎年、微妙に遺伝子が変わるので、ワクチンを毎年作り替えないといけません。しかし、ワクチンと有効な治療薬が存在し、死亡率はかなり低く抑えられています。現在は、コントロールできている部類に入ると思います。

 

2009年に世界流行(パンデミック)を起こしたH1N1型インフルエンザは、季節性インフルエンザとして存在はしますが、上記の対策でコントロールできています。ワクチンも完成しています。

懸念される事は、2つ。1つは治療薬(タミフル等)に耐性を持つ性質がある事。最新のインフルエンザの薬、ゾフルーザにはすでに耐性ウィルスが見つかりました。もう1つは、H5N1型鳥インフルエンザの存在です。致死率が60%程度あり、このウィルスがヒトヒト感染を起こすように変異すると、世界的大問題になります。

 

④SARS

ワクチンも有効な治療薬もありませんが、現在、なぜか収束しています。結果としてコントロールできている事になります・・(運?)

f:id:myself-shizen100:20200223004143p:plain

いらすとや ワクチン


 2.新型コロナウィルスVS人類 現在の戦況

さて、本題です。今回の新型コロナウィルス(COVID-19)です。

今のところ、毒性は低く、致死率は2%程度。感染経路は、飛沫感染、接触感染、噴口感染、エアロゾル感染?。感染力はインフルエンザ並み。潜伏期間が長くて12.5~14日程度とされているが、24日という例もあり。病状は思ったより長く続く。特効薬、ワクチン無し。と言う状況です。

 

ただ、ウィルスは遺伝子交換等で、変異する可能性があります。

 

はっきりしませんが、不穏な情報も。新型コロナウィルスは治った後も、再感染する可能性があるそうです。

 もしかしたら、新型コロナウィルスは免疫を持ちづらいのでしょうか???

 

①封じ込め、水際対策失敗

新型コロナウィルス(COVID-19)は中国の武漢からはじまり、各国へ広まって行きました。まだ世界流行(パンデミック)ではありませんが、武漢や中国での封じ込めは失敗しました。

 

日本は水際対策を失敗しました。市中感染が起きています。厚生労働省は国内発生の早期であり、感染拡大への移行期にあたるとの認識に変わったようです。

また、現状について、感染拡大への移行期にあたるという認識を示し、「この時期に患者の増加のスピードを可能な限り抑えることは、今後の流行を抑制するうえで極めて重要」と強調しました。会議での議論を受けて政府は、総合的な基本方針をとりまとめ、25日にも国民に示す考えです。引用元:TBS NEWS

 

専門家によると、まだ、次から次へと感染が起こり、感染者を追えない状況(国内感染期)ではないという認識のようです。しかし、いつ国内感染期になっても、おかしくない気はしますが・・。

新型インフルエンザを例とした感染症流行の段階:引用元:福井新聞online

 

 

②検査方法の確立

人類は、新型コロナウィルスの分離に成功し検査方法も確立しつつあります。しかし、陰性と出ても、後で陽性と出ることもあり、技術としてまだ未熟です。またインフルエンザの検査のように数分で終わるものではなく、1日から数日かかります。

 

③治療法の確立

 ワクチンはすぐには開発されません。厚生労働省によると・・↓↓↓

問16 新型コロナウイルスのワクチンの開発・使用開発はいつごろになりますか?
 ワクチンの開発は、ワクチンの有効性・安全性の確認や、一定の品質を担保しつつ、大量生産が可能かどうかの確認などを行う必要があります。一般に、ワクチンを開発し、使用可能となるまで、さまざまな工程がありますが、できるだけ早く開発できるよう支援に努めています。引用元:厚生労働省

いつ出来るかも、よく分からないみたいですね。数年かかるかも・・。

治療薬も、すぐには開発されません・・。

問17 治療薬や治療法の開発の今後の見通しを教えてください。
2月13日にとりまとめられた「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策」に基づき、厚生労働省では治療薬や治療法も含めた治療体制の充実に取り組んでいきます。引用元:厚生労働省

 

3.ウィルスと有利に戦うために、パニックを防げ!

治療方法のない感染症が、市中感染が起こしてしまっていますから、大衆がパニックにならないようにする対策が必要です。

 

 先日、神戸大学の岩田健太郎教授がYouTubeでタイヤモンドプリンセス号の状況を告発し、話題になりました。その岩田健太郎教授は、このような本を出しておられます。

この本は、今回のような新しい感染症の拡大が起きたとき、パニックにならないように、リスク・コミニュケーションというものが必要だと言う事が書かれています。

 

リスク・コミニュケーションとは、今回のような未知の感染症の拡大や、福島第一原発の爆発時の被爆等の、リスクが存在するときのコミニュケーションの事です。このリスク・コミニュケーションに失敗すると、必要以上に恐怖したり、リスク回避(今回の場合は感染拡大か?)に失敗します。デマに振り回される事も、失敗の一種だと思います。

 

主に医療従事者や、行政の関係者向けの本かなと思いますが、一般の方でも読むと、TVの記者会見や厚生労働省の発表から、情報を整理して読み取りやすいかなと思いますね。オススメの書籍です。

 

今の日本政府、厚生労働省、医療機関。国民の間に、リスク・コミニュケーションがしっかり出来ているかどうかは、僕の立場では判定できませんが・・・

岩田健太郎教授が動画で告発した所を見ると・・・・💦💦💦

 

リスク・コミニュケーションに失敗し、武漢のようにパニックになると、感染がますます拡大しますから、注意しないといけないです。

 

参考記事↓↓↓

www.myself-shizen.com

www.myself-shizen.com

4.戦いは新たな局面へ!

まだまだ人類が、新型コロナウィルス(COVID-19)をコントロールできている状況とは程遠い状況です。しかし、人類も手をこまねいているわけではありません。現在、存在している薬を使って、なんとか対処できないか、模索が始まっています。

f:id:myself-shizen100:20200223004832p:plain

いらすとや 治療法研究

タイでは、エイズの薬とインフルエンザの薬の併用で改善が見られた例が報告されています。

タイ保健省は2日、新型コロナウイルスによる肺炎の治療で、症状が劇的に改善した事例を見つけたと発表した。バンコクにある国立病院の医師が、中国人旅行客の重症患者に、抗エイズウイルス(HIV)薬とインフルエンザ薬を併用して投与したところ、病状が回復しウイルス検査で陰性になったのを確認した。引用元:日本経済新聞

 

 中国では、抗マラリヤ薬や、完治した患者の血液を使って治療する試みが行われています。

新型コロナウイルスの感染による肺炎について中国政府の専門家チームのトップは18日、抗マラリア薬が治療に効果があるとの認識を示しました。

 中国政府の専門家チームのトップ、鍾南山氏は18日、抗マラリア薬の「リン酸クロロキン」について、「特効薬ではないが検討に値する」と述べ、新型肺炎の治療に効果があるとの認識を示しました。これまでの臨床試験で、ほかの薬と比べると、「ウイルス検査で陰性になるのが早いほか、副作用も大きくない」としています。引用元:TBS NEWS

中国国務院関係機関の国資委の発表によると、中国の製薬会社が、完治した患者の血漿から作られた血液製剤を試験的に10人以上の重篤患者に使用したところ、いずれも12時間から24時間の間に炎症を表す指標が下がり、明らかな回復傾向が見られたという。

完治した患者の体内に特別な抗体が作られ、その成分がウイルスの制圧に効果があるとみられるという。引用元:FNN PRIME

 

 WHOでは、複数の薬の臨床試験を始めています。3週間以内に結果が出そうです。

 WHOは各国の専門家と連携し、治療薬の開発に取り組んでいる。テドロス氏によると、研究開発チームは抗HIV薬「ロピナビル」と「リトナビル」を組み合わせたものと、抗ウイルス薬「レムデシビル」を試している。引用元:日本経済新聞

 

日本では、新型インフルエンザ用の薬が新型コロナウィルスに効果があるかどうか、試してみるとのことです。(エイズの薬は効かなかったのかな??)

 

新型コロナウイルスの感染が広がる中、加藤厚生労働大臣は東京都内で記者団に対し、インフルエンザ治療薬の「アビガン」について、検証の結果、一定の効果が確認されれば、幅広い医療機関で使用できる環境を整えていく考えを示しました。引用元:NHK NEWS WEB

 

こちらは、喘息の吸入薬で効果が認められたとのこと。しかし、ステロイドなので免疫を下げる作用を考えると再燃しないだろうか?

 

こちらは、また情報が更新されましたら、追記しようと思います。

新型コロナとの戦いは新たな局面へ!

希望はあると思います! 

 

5.治療法模索についてSNSの反応