マエティニュース

調剤薬局・ドラッグストア・漢方薬局を渡り歩いている薬剤師のブログ! 気になるニュース、健康、映画、温泉、過去、思った事、いろいろ書きます!

市販薬同成分の医療用薬が保険適応外!?その問題点と自己対策は?


市販薬同成分の医療用薬が保険適応外!?その問題点と自己対策は?

1.市販薬と同じ成分の医療用は保険適応外

2019年12月1日のニュースで、市販薬で販売されている薬と同じ成分の医療用薬が、保険適応外になる方向になっていることが伝えられました。このことについて考察してみます。

 

 

政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入った。市販品は全額患者負担だが、病院で処方箋をもらって薬を購入する場合、自己負担は1~3割で、残りは税金や保険料から賄われる。政府は自己負担を引き上げることで医療費抑制につなげたい考えだ。引用元:産経新聞THE SANKEI NEWS

 

対象項目は、風邪薬、花粉症薬、皮膚保湿剤、湿布薬、漢方薬などになります。

 

保険除外の対象として想定しているのは風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、皮膚保湿剤、漢方薬などの軽症薬。これらの薬を市販品より安く入手するために、患者が病院で受診するケースは多く、かねて過剰な受診を招く要因になっていると指摘されていた。引用元:産経新聞THE SANKEI NEWS

 

これらが、保険適応外となった場合、どうなるか考察と、問題点をまとめてみます。

f:id:myself-shizen100:20191201203947p:plain

いらすとや 保険証

2.それぞれの分野の薬の問題点等

A.花粉症薬

アレグラ、クラリチン、といった抗アレルギー薬が標的となります。抗アレルギー薬薬は、医療用しかない抗アレルギー薬があるため、今まで処方されていたアレグラ等の代わりに、市販されていない保険適応の効く抗アレルギー薬、ポララミンや、ティレグラ、ビラノア、デザレックス等が処方されるケースが増えると思います。

 

アレグラが保険が効かなくなる!と思ってい人!大丈夫かもですよ!

 

ディレグラという医療用医薬品の抗アレルギー薬の中にアレグラと同じ成分が入っています。ディレグラは、アレグラ成分のフェキソフェナジンと塩酸プソイドエフェドリンという成分の合剤です。両成分とも、市販はされていますが、この二つの合剤は市販されていません。どう解釈されるかは、まだ分かりませんが、保険適応のままになる可能性があると思います。同じようなタイプの抗アレルギー薬にビラノア、デザレックスがあります。この二つは、さすがに保険適応内でしょう。

 

また、アラミスト点鼻薬等の市販されていない抗アレルギー薬の点鼻薬も医療用医薬品にありますから、花粉症はそれなりに、保険適応の範囲内で対応できるように思います。逆に国の、思惑通りにはいかない可能性があると言うことです。

f:id:myself-shizen100:20191201204057p:plain

いらすとや 花粉症
B.風邪薬

風邪薬は、総合感冒薬の場合は、医療用ではPL顆粒です。飲んだ事ある人は多いかもしれません。これ以外は、うがい薬、トローチ、解熱鎮痛薬、痰せき止め、等をさしていると思います。

 

解熱鎮痛薬が自費となった場合、ロキソニン、カロナールあたりが自費になるかもしれません。風邪ねはなく、頭痛や整形外科領域で受診して、出された薬も自費になってしまう可能性が出てきます。風邪以外で受診した場合は保険適応とか、ややこしい制度にする可能性もありますね。

 

痰せき止めが自費となった場合は、喘息や咳喘息、COPD、原因不明の慢性咳、等にも処方される薬の一部が自費になるかもしれません。

ジヒドロコデインリン酸塩、ブロムヘキシン塩酸塩等が相当します。市販薬のパブロンなんかに配合されていますから。

 

強い薬は保険適応内でしょう。

 

トローチ、うがい薬は、自分で買ってね!という話になってもあまり差し支えはないでしょうね。これらの代わりの保険適応で行けそうな医療用医薬品はありません。

f:id:myself-shizen100:20191201204134p:plain

いらすとや 風邪
C.皮膚保湿剤

医療用で入れば、ヒルドイドソフト軟膏のようなものが自費になるのではないかと思います。皮膚とは関係のない症状で受診しているのに、受診ついでに、保湿成分のある塗り薬も欲しいと言って保険適応で、たくさんもらって帰る人がいます。しかし、本当に辛い皮膚症状で処方されている人まで自費になってしまいます。 

D.湿布薬

現時点でも湿布薬は、保険での使用は制限されており、大量には出せないようになっているのですが、もうすべて自費になるかもしれないという事ですね。膝の痛み等で、湿布がないと日常生活に支障がでてしまう高齢者の方もいるわけですが・・ これを自費にするのですね。年金生活の高齢者にとっては、経済的にかなり痛いものになる可能性があります。このあたりは、考慮されるのでしょうか?

f:id:myself-shizen100:20191201204214p:plain

いらすとや 湿布
E.漢方薬

一番、問題になりそうなのが、漢方薬です。医療用医薬品として認められているエキス顆粒の漢方薬は、すべて市販での販売が法的には認められています。という事は、すべての漢方薬が自費になる可能性があります。(実際に市販で販売されているかどうかは別の話です。市販メーカーがどこも作っていない場合があるため。)

 

どの漢方薬を服用するべきかは、なかなか素人には判断が難しいケース。つまり医師の診察、判断なければ、なかなか難しい症例があります。これらがすべて自費になるというのは、あまりに暴論ではないかと思います。

 

例えば、抗がん剤の副作用の予防のために「補中益気湯」や「十全大補湯」を、医師が処方したい場合、抗がん剤は保険適応、漢方薬は保険適応外で自費で払わされるのでしょうか??

 

漢方薬が欲しい時に、自費ならば病院に行っても一緒だから、面倒だし、家の近くのドラッグストアで薬剤師に相談して買おうという判断をする人も出てくるでしょう。漢方薬に詳しい薬剤師がドラッグストアにどれくらいいるでしょう?

 

(ちなみに、僕は漢方薬生薬認定薬剤師の資格を持ってますので、ある程度対応できますが・・ボソ・・)

f:id:myself-shizen100:20191201204245p:plain

いらすとや 漢方薬

ちなみに、非常にマニアックな話になりますが、昔ながらの、きざみ生薬の漢方薬も、薬局製剤という市販薬があるため、全部自費??

 

3.処方箋は実際どうなる?

今回の改革が実現した場合、処方箋の中に保険適応の薬と、自費の薬が混在するような、複雑な処方箋になってしまうのか・・それとも、保険適応処方箋と、自費処方箋と2枚に分かれるのか?どのような形になるのでしょうね。

 

自費の薬剤は薬局、ドラッグストアで買ってね!みたいな薬局丸投げ状態になるのでしょうか?

f:id:myself-shizen100:20191201204328p:plain

いらすとや 薬局

4.自己対策 セルフメディケーション税制を利用するのも1つの手段

市販薬には、セルフメディケーション税制という制度があります。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。引用元:厚生労働省

 年収等にもよりますが、一般に年間の市販薬(指定された市販薬)の購入額が12000円を超える場合に確定申告すれば、控除対象となる制度です。

詳しくは、こちらを参照→セルフメディケーション制度概要

 

すべての市販薬ではなく、スイッチOTCと言って、医療用から一般薬へ転換した医薬品だけが対象です。

スイッチOTC一覧

 

病院には行かず、指定された市販薬を購入して、体調に対応した場合、こちらの制度を使用すれば、若干ですが、お金が戻ってくるという事になります。(漢方薬は対象外ですが・・)

 

市販薬の選び方は、以下のような一般向けの本を参考にして選ぶか、薬局の薬剤師に相談して選ぶという事になろうかと思います。

 

経済的な対策として、セルフメディケーション税制を利用するのも、ひとつの手段ですね。

 

ただ、ひとつ疑問なのは、医師から自費処方箋という形で、市販薬と同成分の薬、アレグラ等の薬が出た場合、この金額もセルフメディケーション税制の対象になるのでしょうか????

 

5.医師会は反対の立場

また、がん治療で使われるオプジーボやキムリアなど超高額薬の相次ぐ登場は、医療保険財政を圧迫する要因になっている。政府は「大きなリスクは共助、小さなリスクは自助」との考え方に基づき、「大きなリスク」を支えるための改革は避けられないと判断した。引用元:産経新聞THE SANKEI NEWS

ただ、日本医師会は市販類似薬の保険対象からの除外について「軽微な症状での受診を控えることにより、重症化する恐れがある」「重篤な疾患だけを保険給付の対象とすれば社会保険の恩恵が薄れる」などと反発している。引用元:産経新聞THE SANKEI NEWS

医師会は反対の立場をとっています。薬剤師会はどうするのでしょう?

病院薬剤師、調剤薬局の薬剤師、ドラッグストアの薬剤師で意見が分かれそうです。

6.本当にうまく行くの?

健康保険組合は、以下のように試算していますが・・・ 

 健康保険組合連合会(健保連)は、市販薬で代替可能な薬剤費は年2126億円に上ると試算している。どの薬を保険対象外にするかによって抑制額は変わってくる。引用元:産経新聞THE SANKEI NEWS

捕らぬ狸の皮算用になるような気も・・・。一番標的とされている花粉症の薬は、保険適応内の抗アレルギー薬に変更する事で対応できるような気もしますからね・・。

 

本当にうまくいくの?

f:id:myself-shizen100:20191201204654p:plain

いらすとや ???

7.SNSの反応

 概ね、市販薬と同じ成分の医療用医薬品を保険適応外にする事に反対の意見が多いようです。立場によっていろいろな意見がありますからね。

 8.まとめ

とりあえず、ちゃんと治療が必要な人には保険が効くような制度になって欲しいです。

そして、医療の現場で働く人間としては、 あまり、ややこしいルールにだけはしないで欲しいです。本当に・・。

 

キャッシュレスだったら自費でも割引が効くとか、やりそうやなあ・・・。消費税の時にみたいに、ややこしくするなよ~

 

今後の動向に注視して行きます。

 

それでは~