マエティニュース

調剤薬局・ドラッグストア・漢方薬局を渡り歩いている薬剤師のブログ! 気になるニュース、健康、映画、温泉、過去、思った事、いろいろ書きます!

「チョコレート効果95%」と「夜のコーヒー(酒)」で苦々バレンタイン!


さて、バレンタインですね!

 「チョコレート効果95%」と「夜のコーヒー(酒)」で苦々バレンタイン

 

2月14日はバレンタイン!誰にあげる予定も、もらう予定もないので、自分チョコで過ごすことにしました!吟味して選んだ結果!

 

1.チョコレート効果95%!【大人の味】

f:id:myself-shizen100:20210214133936j:plain

チョコレート効果

自分チョコだから、そんな高価なものはいらないと思って、安価だ体に良さそうなものはないかなあっと探していました。イオンで見かけたのが、「チョコレート効果」!甘いチョコよりビターなチョコの方が好きなので、調度良いと思いました。

 

カカオ95%です。カカオポリフェノールというのが、体に良さそうです(*'▽')

 

カカオポリフェノールの効果が、日本成人病予防協会というところで、うまくまとめられてありました!↓↓↓

 

抗酸化作用
活性酸素の除去や紫外線からお肌を守ってくれます。
血管拡張作用・冷え性改善
血管が細くなると血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールは血管を広げる作用があり、血圧を下げるのにも期待できます。血流が良くなることで冷え性改善にもつながります。
動脈硬化の予防
悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化すると動脈硬化を引き起こす原因にもなるため、活性酸素を除去するポリフェノールは動脈硬化の予防にも繋がります。
プレバイオティクス
腸内の善玉菌のエサになって、善玉菌の増殖を促す成分や食品のことを言います。水溶性食物繊維やオリゴ糖などです。野菜や果物、こんにゃく、海藻きのこ類、はちみつなどが主な食品です。
抗ストレス対策
チョコレートには「テオブロミン」という苦味成分が含まれていて、セロトニンの働きを助ける作用があるため、ストレスを感じたり、イライラしたりしたときにはチョコレートを食べて心を落ち着かせるのもおすすめです 

引用:日本成人病予防協会 健康管理コラム

 

 

2.チョコのお供は、夜のコーヒー!【お酒です】

自分チョコのお供は、サントリーの「夜のコーヒー」にしました!
苦いものに、苦いものを合わせて見たかったのです!ビターが気分に浸りたかったのです!ひとりで過ごすバランタインですから( ;∀;)!

f:id:myself-shizen100:20210214134014j:plain

夜のコーヒー

 

夜のコーヒーは、コーヒーにブランデー&ラムをブレンドしたリキュールです。コーヒーポリフェノールもとれるから、今日はポリフェノール祭りた!

味は、ブランデーが入ってますからフルーティーな風味がありますね。

チョコレート効果95%と、夜のコーヒー、ロックで飲んでみました!

f:id:myself-shizen100:20210214134743j:plain

チョコレート効果と夜のコーヒー

 

3.牛乳割でマイルドに!

 さすがに、苦々しかったですね(笑)

そこで、牛乳で割ってみたところ、一気にマイルドに!

f:id:myself-shizen100:20210214134853j:plain

夜のコーヒー牛乳割

 

4.相性がよくなった!

 これで、相性がよくなりました!

テレビを見ながら、チョコレート効果95%と夜のコーヒーで過ごしています。

 

ちょっと孤独な苦々バレンタインでした!

 

それでは、また!